婚約指輪のリフォーム

5月もそろそろ終わりが近づき、梅雨の準備に入るころになってきました。

現代的な生活に慣れてくるほど、四季を敏感に感じて生活してゆきたいものです。

長らく眠っていたご婚約指輪をリフォームさせていただきました。

こちらはリフォーム後です。

 

 

reform_ring_kamura_1

 

0.512ctと存在感のあるダイアモンドを繊細なミル打ちが囲むデザイン。

アームの部分にもミル打ちが入ることで、クラシックな雰囲気に仕上がりました。

フクリン留めという爪を使用しない石留方法は、引っ掛かりがなく使いやすいのもメリットです。

もともとは高さのある立爪リングでしたので、リフォームする事でまさしく生まれ変わりました。

 

reform_kamura_before_1

 

リフォームされた婚約指輪、5月の息子さんの結婚式に着けて行かれるそうです。

何十年ぶりに日の目を見ることが出来たダイアモンド、これからもっと輝きを増しそうですね!

K様、この度はご依頼いただきありがとうございました。

ご家族のお話がとても楽しく、素敵なひとときを過ごさせていただきました。

 

結婚指輪のオーダーメイド専門店 | サロン・ド・ルシェル