本物のジュエリーとイミテーションの違い

ルシェルでは、使うことのなくなった貴金属ジュエリーをとかしてリフォームしたり

下取や買取を承っております。(古物商許可証番号 第911010008334号)

そこで重要になってくるのが「貴金属の真偽」です。

 

本物とイミテーションの違いはどうやって見分けるのか、

まずは誰でも簡単に判別できる方法があります。

貴金属のジュエリーには、素材をあらわす「刻印」を必ず入れるようになっており、

指輪であればほとんどの場合内側に入っています。

 

プラチナだと、Pt900、Pt850、Pm 等が一般的で、

ゴールドの場合はK24、K18、K18WG、K14、K10、750(K18と同意義)等があり、

純度によって数字が異なります。

leciel_kokuin_1

ルシェルで作らせていただいた指輪等のジュエリーには、こういった素材の刻印のほか、

当アトリエのロゴ印を入れさせていただき、品質保証の確かなしるしとさせていただいております。

こういった素材や製造元を表す刻印が入っていないものは、ほとんどがイミテーションである

可能性が高いアクセサリーです。

素材を示す刻印、お手持ちのジュエリーを是非確かめてみてくださいね。

 

佐賀・福岡・長崎の結婚指輪オーダーメイド専門店 | サロン・ド・ルシェル