オーダーのポイント|一生ものの結婚指輪・婚約指輪|ルシェルのオーダーメイドリング|佐賀・福岡・長崎

デザインに悩まれる方へ~オーダーのポイント~

デザインに悩まれる方へ
~オーダーのポイント~

電話

店舗マップ

資料請求・お問い合わせ

デザイン×素材で無限に広がるオーダーメイドの世界

デザインと素材で広がる、オーダーメイド指輪の可能性

「一生ものの指輪だからこそ、どんなデザインがいいか決めきれない」
「普段あまり指輪をつけないから、自分に合ったデザインがわからない」
「自分が大好きなモチーフを指輪のデザインに入れたいけど……」

オーダーメイドといえば、自分たちだけのオリジナルデザインが一番の魅力。とはいえ、いざオーダーしようとすると、デザインや素材すべてが自由に決められる分、どんな指輪が自分に合うのか分からないという方もたくさんいらっしゃいます。こちらでは、佐賀・福岡・長崎の結婚指輪・婚約指輪専門店「サロン・ド・ルシェル」が、指輪のデザインや素材、加工方法などについてご説明します。

指輪のデザインに関する基礎知識

デザインと素材で広がる、オーダーメイド指輪の可能性

当アトリエでは、経験豊富なジュエリーデザイナーが丁寧なヒアリングによってお二人のイメージを引き出し、徐々にデザインという形に起こしていきます。「デザインなんて思いつかない」という方でも大丈夫。「指輪をつけたことがあるorない?」「結婚指輪は肌身離さずずっと着けていたい」「仕事では指輪はつけられないんだけれど…」こんなちょっとしたライフスタイルもデザインのヒントになります。デザイン画の作成と修正は何度でも無料ですので、納得いくまでじっくりとご検討ください。

指輪の各部の名称について

指輪の各部分の名称を覚えておくと、職人やデザイナーともお話を進めやすいかもしれません。なお、指輪が自分にしっくりなじんで着け心地がいいことを「指なじみがいい」といいます。この言葉も一緒に覚えておくとよいでしょう。

指輪の選び方について

デザインと素材で広がる、オーダーメイド指輪の可能性

ファッションジュエリーとは違い、マリッジリングやエンゲージリングは一生の宝物です。デザインなどで妥協することなく、納得いくまでとことんこだわりましょう。できるだけ多くの指輪を見ることによって、まずは「見る目」を養うことをおすすめします。いつまでも飽きのこないデザインを選ぶためにも、お母様や先輩など、年上の方に相談するのもひとつの方法です。指の太さや関節の大きさなどのコンプレックスをカバーしてくれるデザインもありますので、まずは基本的なデザインを知っておくことが大切です。

基本デザインについて

指輪にはまっすぐなもの、曲線になっているもの、ゴージャスな物、シンプルなものなど、様々なデザインがあります。また、指輪を着ける人の性格、指の形、好きなファッションなどによっても、しっくりなじむ指輪は異なります。指輪の代表的なデザインを知っておきましょう。

ストレートリング

指輪のアーム部分がまっすぐな定番のデザインで、重ねづけがしやすいのが特長。もっとも飽きがこないデザインで、「結婚指輪の原点」ともいわれています。シンプルだからこそ、ラインに素材のよさ、フィット感の違いが表れます。また、男性にも違和感のないデザインなので、お揃いのデザインを選びたいカップルには特におすすめです。

S字リング

指輪のアームがS字を描いているデザインです。「美指リング」と呼ばれ、関節やむくみが気になる方、指の太さが気になる方でも、ほっそりと長い指に見せる効果があります。ゆるやかなウェーブを描くS字のラインには、柔らかな印象を与える効果も。着けた人の動きや角度で表情が変わり、さまざまな印象が楽しめます。

V字リング

指輪のアームが手の甲に向かってV字型を描くデザイン。縦のラインを強調してくれるので、指の太さや短さなどをカバーしてすっきり見せてくれます。大人っぽい雰囲気のデザインですが、アームの太さや石の並べ方によっては可愛らしい印象に見せることもできます。横から見たラインが特徴的で、指先のオシャレにこだわりがある方にも人気。

ソリティア(爪留め)

ソリティアは、ダイヤモンドなどの一粒石の指輪のこと。石を留めている爪に持ち上げられて石の部分が高い状態になっているデザインが、「ソリティアの爪アリ」です。定番の6本爪はオーソドックスな印象に、4本爪だとややカジュアルで普段使いしやすい雰囲気になります。石の存在感が際立つデザインなので、石にこだわりがある人にもオススメです。

ソリティア(爪のないセッティング)

一粒石を爪以外の方法で指輪に留めたデザインです。指輪の断面に溝を切って、石をはさんで留める「はさみ留め」、石を輪で覆うように金属で囲む「覆輪(フクリン)留め」などの方法があります。爪留めリングよりも使用時のひっかかりが少ないので使いやすいというメリットも。石が目立ちすぎないので上品な印象に仕上がります。シンプルなものが好きな方、控えめなデザインが好きな方におすすめです。

メレ

メインのダイヤモンドの横に、「メレダイヤ」と呼ばれる0.1カラット以下の小さなダイヤモンドをあしらったデザイン。メインの石が小ぶりでも、指輪全体で見ると輝きが増しゴージャスに見えます。花が咲いているようにメレダイヤをあしらったり、通常のダイヤモンドとピンクダイヤなどを組み合わせたりなど、多様なデザインが選べるのも嬉しいポイントです。

パヴェ

「パヴェ」はフランス語で石畳の意味。石畳の敷石のように、指輪の土台にぎっしりとメレダイヤを並べたデザインです。中央に大きく石を置き、その横にダイヤを敷き詰めた形も人気ですが、パヴェのみの指輪もエレガントでありながら華やかに仕上がります。メレダイヤの数を増やすことによってより華やかな印象に、減らすことで落ち着いた雰囲気にもなります。

エタニティリング

「エタニティ」は永遠という意味。同じサイズとカットのダイヤを途切れることなく並べたデザインによって、「永遠の愛」という意味をもたせています。指をぐるりと一周するものは「フルエタニティ」、半周までのものは「ハーフエタニティ」と呼ばれています。細やかなきらめきが、ダイヤモンドの輝きをいっそう引き立てる華やかなデザインです。重ねづけも楽しめるので、華やかでありながらもシンプルなデザインがお好きな方にぴったりです。

セットリング

婚約指輪と結婚指輪がセットになっているリングのこと。ふたつの指輪を重ねづけすることを前提に考えられたデザインなので、どちらの指輪も気軽に身につけたいと思っている方におすすめ。それぞれのリングが単体でキレイに見えるのはもちろん、重ねづけした時もより一層美しく見えるように構造的・デザイン的な工夫が凝らされています。

指輪の素材

デザインと素材で広がる、オーダーメイド指輪の可能性

デザインがまったく同じ指輪でも、素材を変えることによって雰囲気や使い心地、そして価格が大きく異なってきます。それぞれの素材の特徴を知ることによって、自分に合った理想のリングに近づけることができるでしょう。佐賀県佐賀市のサロン・ド・ルシェルでお取り扱いする素材は、ジュエリーの中でも最もベーシックな貴金属。長くご使用になってもメンテナンスで困ることはないので、安心です。ご希望にかなう素材をお選びください。

プラチナ Pt900

プラチナ Pt900

プラチナは「白金」とも呼ばれ、日本では婚約指輪・結婚指輪で最も人気の高い素材のひとつです。ファッションやシチュエーションを選ばず、飽きがこない色合いがポイント。また、埋蔵量が少なく希少性のある貴金属で、変色や変質も起こさないため、美しさを維持できる「永遠性」も人気の秘訣。

イエローゴールド K18YG

イエローゴールド K18YG

華やかな黄金色のゴールドは、美しい発色と褪せない輝きが魅力です。プラチナに比べると硬く軽い素材で、欧米では結婚指輪の多くがゴールドの素材でつくられています。最近では金相場が高騰しているため、価値も高くなってきています。

シャンパンゴールド K18CG

シャンパンゴールド K18YG

イエローゴールドの黄色味を抑えた落ち着いたカラーのゴールドです。その名の通り、シャンパンのような明るいベージュ系の色合いが特徴で、アンティーク感のあるデザインにもよく映えます。肌色との相性が良い落ち着いた大人の輝きが、男女問わず人気のゴールドです。

ホワイトゴールド K18WG

ホワイトゴールド K18WG

シャンパンゴールドのわずかに残る黄色味をさらに抑えた合金です。ゴールドの中ではプラチナに最も近い色ですが、プラチナよりもややグレーに近い素材です。ロジウムコーティングを施すことによってプラチナ色と同じ色に仕上げる場合と、素材の色合いをそのまま生かして仕上げる場合とがあり、お客様からのご要望に応じて行います。

ピンクゴールド K18PG

ピンクゴールド K18PG

イエローゴールドよりも赤味を帯びており、ピンクがかった可憐な輝きが美しく、女性に人気が高いのがピンクゴールド。上品でキュートなイメージのリングに仕上がります。日本人の肌色にもなじみやすい色合いで、素材で個性を出したい方ににオススメです。

指輪の表面加工

表面仕上げ加工によって指輪の表情はがらりと変わり、デザインの幅もぐっと広がります。表面仕上げ加工には、大きく分けて鏡のように光沢のある「鏡面仕上げ」と光沢を抑えた「マット仕上げ」とがあります。指輪のデザインに応じて微妙に仕上げを調整することも出来ますのでお気軽にご相談ください。「デザインがシンプルすぎて物足りない」「長く使って飽きてしまった」といった場合でも、表面加工を変えることによって指輪のイメージが一新します。定期的なメンテナンスの際に一度試してみるのもいいかもしれません。

メッキコーティング
ロジウムコーティング

鏡面仕上げ

ロジウムコーティング

プラチナ色のメッキ加工です。
既製品のホワイトゴールド製品のほとんどがロジウム仕上げになっておりますがルシェルではご希望の方のみ加工させていただいております。

ブラックコーティング

リングの表面をクールなブラックに仕上げます。
プラチナやゴールド関係なく加工が可能です。
メッキがはがれてきた場合は、元の素材の色が見えてくるため使い込んだ表情を楽しみたい方におすすめ。

※メッキ加工についての注意点※
メッキ仕上げをしたリングは、ほぼ外すことなくつけたままご使用になられた場合、早い方で半年~1年程度ではがれてきます。
長くきれいな状態で保ちたい場合は、こまめなお手入れが必要となりますのでご了承ください。

当アトリエでのメッキ加工についてはアレルギーを引き起こしやすい、ニッケル等は使用しておりませんが、極度のアレルギーをお持ちの方は事前にご相談ください。

マット仕上げ
ダイヤモンドポイント仕上げ

鏡面仕上げ

ダイヤモンドポイント仕上げ

目の荒いマット仕上げです。
ダイアモンドの粉がついた先端工具でマット加工を施すため、キラキラと輝く華やかなマット仕上げとなります。
(鎚目加工との併用はできません)

金鋼砂仕上げ

ガーネットの粒をリングの表面に当てることできめ細かいしっとりとした質感のマット仕上げになります。
(鎚目加工との併用が可能です)

ミル打ち

鏡面仕上げ

「ミルグレイン」とも呼ばれる彫金の伝統技法です。
先端がとてもちいさな逆ドーム型になったタガネと呼ばれる工具で、一粒ずつ小さな模様を打ちこみます。
リングをアンティーク感のある繊細な印象にしたり、デザインのアクセントにしたりと様々な表情をつけてくれます。

指輪のチェック

婚約指輪・結婚指輪をご検討される場合、以下のチェックシートをお役立てください。結婚指輪の場合には、男性・女性それぞれにお選びになる必要があります。
また、こちらのシートはメールオーダーフォームからでもお問い合わせいただけます。

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドに関するお問い合わせはこちらからTEL 0952-20-1516 / FAX 0952-20-1516

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドに関するお問い合わせはこちらからTEL 0952-20-1516 / FAX 0952-20-1516